【Wi-Fiルーターの選び方】 ポイントを押さえれば大丈夫!

Wi-Fiルーター 選び方

注目のNFTアートはこちら!

こんにちは、きつね(@gijutsujin)です。

今回は、Wi-Fiルーターの選び方をご紹介します。

先日、あるブロガーさんとWi-Fiルーターの選び方について話題になりました。
そこで感じたのが、Wi-Fiルーター選びってよくわからないと言う事。当然価格高い高性能のWi-Fiルーターを選べば間違いはないのですが、コストと導入効果が見合っているのかが判断がつかないと言う事。これって、あるあるだと思います。

そこで、Ethernet コントローラーICを設計経験のある私が、無線LANネットワークの構築についての考え方や、Wi-Fiルーターを選ぶポイントについて、当時のブロガーさんとのやり取りにあった内容ふまえてまとめてみました。

無線LANネットワークの構築の考え方を理解する事で、Wi-Fiルーターの選び方も理解できるようなると言う事で、
Wi-Fiルーターを選ぶ時に、どんな事を注意すればよいのか?どんな機種を選べばよいのか?を分かりやすく説明します。

Wi-Fiルーターを選ぶ際のポイント!

  • 自宅の回線スピードを知る
  • 回線スピードが確認出来たら、使うLANケーブルを決める
  • Wi-Fiルーターは、自宅の回線スピードより速いスピードを出せる物を購入する
目次

光回線の確認

光回線

まずは、お部屋に来ている光回線の特長を理解しましょう。

きつね

これを知っておくと、後々スピードが出ない理由が理解できます。

マンション

マンションやアパートの場合、建物まで占有できますが、そこから各部屋に分配される様になっています。
その為、ISPで契約したスピードよりも遅くなる傾向があります。

スピードが遅くなる理由

・部屋数が多い
・使用している居住者が多い時

一戸建て

一戸建ての場合は、アパートやマンションとは違い占有線を自宅に引き込めるので、契約したスピードに近い数値が出やすいです。

某ブロガーさん

マンションは速度低下しやすんじゃな。なるほど。

きつね

マンションタイプでも、IPv6に対応していると、スピードが出やすいです。

回線スピードテストで回線スピードを確認

回線スピードテスト

まずは、ご自宅の回線スピードを測定しましょう。
最初は、ISPで提供されたルーターにLANケーブルをさして有線接続で回線スピードを測定します。
回線スピードがどれくらいあるかで、実際に選ぶWi-Fiルーターに対する要求仕様が決まります。

スピードテスト 接続方法
スピードテスト接続方法
某ブロガーさん

スピードテストしたけど、どれを見れば良いのじゃ?

きつね

スピードテストで確認する速度は、主に下りのスピードです!

下りのスピードの測定結果例

インターネット回線スピードテスト

ここで測定した回線スピードがその部屋の最速スピードになります。
無線LANを使った時は、有線LANと同じスピードを出す事は難しいですが、無線LANの通信速度は有線LANの7割~8割程度まで出せる可能性はあります。

LANケーブルを選ぶ

イーサネットケーブル

ご自宅のインターネット速度が分かったら、その速度にあったLANケーブルを使いましょう!
LANケーブルには速度や帯域に応じて規格があります。

LANケーブルの種類

スクロールできます
規格対応速度対応帯域利用環境
CAT5100Mbps100MHz買ってはダメ
CAT5e1Gbps100MHz一般家庭、小規模店舗など
CAT61Gbps250MHz大企業、大規模店舗など
CAT6A10Gbps500MHz同上
CAT6E10Gpbs500MHz同上
CAT710Gbps600MHzノイズが多い場所で高速通信したい
きつね

一般的なご家庭であれば、CAT5eでOK!

某ブロガーさん

なるほど!CAT6やCAT7のケーブルを買うところじゃった。

ISPから支給されているルーターからWi-Fiルーターに接続する際は、一般家庭であればCAT5eのLANケーブルで十分です。

CAT5eとCAT6は通信速度は同じですが、帯域が100MHzと250MHzと違います。これは、そのネットワークに何台の端末が同時に通信するかに影響を及ぼします。

きつね

同時接続する端末が数台であれば、CAT5eのLANケーブルで十分です。

Wi-Fiルーターの設置場所の注意点

無線LANルーターの設置場所の注意点

Wi-Fiルーターの配置場所は非常に重要です。
Wi-Fiルーターで使っている電波の周波数は、2.4GHz5GHzの2種類。

それぞれの電波の特長

スクロールできます
周波数特長(良い点)特長(悪い点)
2.4GHz障害物に強い
通信距離が遠くまで飛ばせる
電子レンジをつかうと電波が影響を受ける
通信速度が遅い
5GHz電子レンジの電波に影響を受けにくい
通信速度が速い
障害物に弱い
通信距離が短い
きつね

これらの特性を理解したうえで、設置場所や使用する周波数を決めると良いです。

例1)ワンルームやルーターのある部屋だけでPCやスマホを使う場合

ルーターからの電波が遮るものが無く、ルーターからの距離からも比較的近くで使えるので、5GHzが使えます。
11nや11ac、11axで最高速度が出る設定で接続しましょう。

例2)ルーターがクローゼットや部屋の隅に置く場合

恐らく、このケースが多いと思います。
この場合、例1の様にルーターと同じ部屋や距離が近い場合は5GHzで接続はできますが、ルーターから部屋やフロアを隔てたりする場合は、床や壁(特に壁内部の鉄筋)の影響で5GHzの場合は急激に速度低下や接続の安定性が悪くなります。
その場合は、2.4GHzの周波数で接続するようにしましょう。

ここで押さえるポイント

・電波は壁や距離で減衰するので、Wi-Fiルーターは1~2部屋に1つが理想
・電子レンジを使うときは5GHzの電波を使うと電波干渉が無く使える

きつね

このポイントを抑えると、Wi-Fiルーター選びのポイントも理解しやすくなります。

無線ルーターの選び方

某ブロガーさん

それじゃあ、どんなWi-Fiルーターを買えばいいんじゃ?

きつね

無線ルーターの選び方は使用環境や目的によっても変わりますが、以下のポイントを押さえれば大丈夫です。

Wi-Fiルーターを選ぶ時にチェックするポイント!

  • 最新の無線LAN規格に対応している(11acや11ax)
  • 最速通信速度の確認
  • 有線LANインターフェイスが1Gbpsに対応している
  • IPv6に対応している
  • Easy Mesh規格に対応している

ビームフォーミング機能については、正直あまり効果があるとは思えないので、過度な期待せず気持ち程度変わるぐらいに思っていてOKです。(私個人見解です。)

きつね

Wi-Fiルーター選びで重要なのは、当たり前なんですが最新の無線LAN規格に対応している事が一番重要です。

某ブロガーさん

ポイントに「有線LANインターフェースが1Gbpsに対応」とあるが、どこを見ればいいんじゃ?

きつね

現在発売中のWi-Fiルーターは、ほぼ1Gbpsに対応はしているようです。仕様については、メーカーの商品ページの仕様を見るか、価格.comでも記載がありますので、ご参照ください。

どのような製品があるかは、価格.comで調べると大変便利です。
仕様別にソートもする事ができるので、上記のポイントを加味して選ぶと良いです。

無線LANの速度低下を防ぐ方法

某ブロガーさん

わしはマンションに住んでいるんじゃが、速度を落とさな方法はないのか?

きつね

もちろん、速度低下を防ぐ方法はあります!
代表的な方法は、中継器やメッシュWiFiです。

中継器

出典:アイ・オー・データホームページ

中継器は親機からの電波を中継器(子機)が受けて弱くなった電波を中継器が再度強くします。
その為、親機1台だった時に電波が1本だったのが中継器を介す事で3本になるイメージです。

きつね

中継器自体は親機を購入するよりも安価でできます。また、買い替えで使わなくなったWi-Fiルーターを再利用する事も出来ます!

ただ、親機と子機との通信も当然Wi-Fiの電波でつなぎます。その為、親機と子機との通信が2.4GHzで接続した場合、子機に5GHzでつないでも2.4GHzの速度しか出ません。

メッシュWiFi

出典:バッファローホームページ


メッシュWiFIには、Wi-Fi Allianceが策定した「Wi-Fi Easy Mesh(イージーメッシュ)™」と言う標準規格があります。
その為、メーカー間での相互接続以外にも、セットアップやローミングと言った接続に関する部分を規格化する事で、使いやすくしました。

バッファローさんの製品で「Wi-Fi 6(11ax)」対応のWi-FiルーターとWi-Fi中継器はすべて「Wi-Fi Easy Mesh(イージーメッシュ)™」に対応しています。

きつね

バッファローさんのホームページにメッシュWi-Fiのメリットや技術解説をくわしくされていますので、ご参考にどうぞ!

番外編:宅内LAN配線

マンションやアパートでは難しいのですが、一戸建ての場合、クローゼットなどに分電盤の様なメディアターミナルと言って、そこから各部屋に配線を通す管が壁の中に通っていて、LANケーブルや電話線を通す事ができるようになっています。

どおしてもWi-Fiルーターが2階や1階の隅にあるような場合、LANケーブルを各部屋に通す事で、そこにWi-Fiルーターを設置できるので、電波を安定して使う事ができます。

宅内LAN配線に 最低限 必要な道具
  • モジュラジャック
  • LANケーブル(20m~30m)
  • 導線ワイヤー(30mあればOK、壁内配管にワイヤーがすでに通っている場合は不用です。)
きつね

それぞれの部材の参考品は以下になります。

created by Rinker
デンサン
¥4,261 (2022/09/27 23:20:33時点 Amazon調べ-詳細)

参考例

私の自宅の環境

2階:JCOMのブロードバンドルーター(BL901HW)、NECの中継器(W1200EX)
1階:NECのWi-Fiルーター(WG2600HP)
*赤ラインは壁内にCAT5eのLANケーブル(20m)を使用

iPhone 13 mini を使って通信速度を計測しました。
計測結果はこのようになりました。

1階でWG2600HP(11ac)に接続時の通信速度
2階でブロードバンドルーター(11n)に接続時の通信速度

私の自宅の場合は、1階と2階にそれぞれWi-Fiルーターを配置しています。
その為、各階の部屋にいる時はそれぞれのWi-Fiルーターに5GHzで接続して使用しています。
そうすることで、高速で安定してた無線通信を得る事ができます。

ルーターについては型番を記していますが、特に特別なものではなく、一般的なグレードの物になっています。

2階にある中継器は、浴室でスマホを接続する際に使用しています。
浴室は1階にあるのですが、1階のWi-Fiルーターの2.4GHzでも通信状態が悪いので、浴室の直上に中継器を設置して、2階のWi-Fiルーターの電波を中継する形で浴室まで電波を飛ばしています。

まとめ

Wi-Fiルーターを選ぶ際のポイントは、

  1. 自宅の回線スピードを確認する
  2. 回線スピードにあったLANケーブルを使う
  3. 回線スピードにあったWi-Fi規格を使う
  4. Wi-Fiルーターは、1フロアまたは1~2部屋に1台が理想
  5. 中継器、メッシュWi-Fiを使って速度低下を防ぐ

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事に関するご質問やご感想は、コメント欄かお問い合わせフォームからよろしくお願いいたします。

関連リンク

Baffalo
Wi-Fiの速度の目安は?ストレスのないWi-Fi環境をつくろう!

アイ・オー・データ機器
Wi-Fiが届く!広がる!

価格.com(Wi-Fiルーター)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

テクノロジーが大好き!

半導体メーカー勤務の現役エンジニア

技術解説やPC、ガジェット、車などの情報をシェアします。


詳しいプロフィール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次