【ロジクール デスクマット STUDIO シリーズ レビュー】やっぱあるといいね!

注目のNFTアートはこちら!

こんにちは、きつね(@gijutsujin)です。

今回の記事は、ロジクールのデスクマット STUDIO シリーズのレビュー。

今までデスクマットに興味が無かったのだが、ロジクールのLIFT M800のレビュー記事を執筆中、ロジクールホームページにあったこの組み合わせに魅力を感じ、ものは試しということで購入をしてみた。

ロジクール デスクマット コンパニオン

デスクマットと言えばフェルト製のものが流行っているが、ロジクール社製のキーボードとマウスを愛用している筆者としては、このデスクマットが見逃せなかったのである。
ロジクールが販売するデスクマットの質感や使いごごちをMX Keys miniLIFT M800エルゴノミックマウスを使い検証する。

結論から言うと、

「やっぱあるといいね!」

です。

きつね

理由は後述しますので、是非ご一読ください。

それでは、始めます!

ロジクール デスクマット STUDIO MP20MG
総合評価
( 4.2 )
メリット
  • マウス操作向上!
  • キーボードの打鍵感向上!
  • デスクの見た目向上!
デメリット
  • 特になし
目次

デスクマットはあるとイイ!

ロジクール デスクマット レビュー

そもそも、なぜデスクマットに興味を持ったのか?
冒頭、ロジクールのホームページで見たキーボードとマウスの組み合わせを見て魅力を感じたと書いたが、その前から手持ちのマウスパッドとLIFT M800の組み合わせに納得がいっていなかった。

ロジクール デスクマット レビュー

このマウスパッドはエレコム社製のもので、マウスパッドに若干の厚みがあるタイプである。
別途これにはリストレストもセットになっており、その関係でマウスパッド自体に厚みを持たせている。

LIFT M800を使用時にリストレストは不用になり、リストレストなしで使っていたのだが、腕と手の高さに若干の狂いが生じ、せかっくのエルゴノミックマウスの特性を生かしきれない状態が続いていて、とてもやきもきしていた。

ならば、マウスパッドをなくせば良いのでは?となるのだが、マウスパッドが無いと机との摩擦が強すぎてマウス操作に支障が出るので、マウスパッドをなくすことが出来なかったのである。

ロジクール デスクマット レビュー

そこで、見つけたのがロジクールのデスクマットである。
デスクマット自体は他のブロガーやレビュアーの方々がこぞって紹介している商品で、海外製のフェルト地のデスクマットが人気のようだ。

そこでよく上げられるコメントが、キーボードの底打ち感が無くなって打ちやすくなるだとか、キーボードとマウスが一緒に移動できるとか、おしゃれとか。

ロジクール デスクマット レビュー

私がデスクマットを設置するにあたり期待する改善項目はこちらである。

デスクマットに期待する改善項目
  1. マウスの操作性の改善
  2. デスクの見た目の改善
きつね

そして、実際に私もロジクールのデスクマットを入手して使用した所、感じた感想は?

  • マウス操作がとてもしやすくなった(腕の高さがデスクの高さと同じになった為)
  • デスクのアクセントになり、気分が高まる
  • キーボードの打鍵感が穏やかになって打ちやすく感じる

以上の事からデスクマットの導入については正解だった。
マウスの操作性の改善とデスクの見た目の改善は目的が達成したと感じている。
意外だったのが、キーボードの打鍵感の向上だ。
元々、MX Keys miniはパンタグラフ式のキーなので、メカニカルキーボードほど打鍵感に期待をしてはいないのだが、1枚クッションが入るだけで、デスク面への打鍵時のショックの反動が無くなり、穏やかにキーがタイプ出来るのである。

今後、機会があったらフェルト地のデスクマットなども試してみたいと思う。

製品特徴

ロジクール デスクマット レビュー
出典;ロジクールホームページ

自分の空間を改善

空間を強化して、デスクほを保護しましょう。ソフトなクロスマットがスタイルと快適性をもたらします。

ラベンダー、ダークローズ、またはミッドグレーから選択。

ロジクールホームページ(原文のまま)
きつね

薄手のクロスマットは、取り回しがいいです。
発色もいいので、デスクの雰囲気が変わってGood!

ロジクール デスクマット レビュー
出典;ロジクールホームページ

耐水設計

ロジクールデスクマットは耐水コーティングが施されているため、不慮に液体をこぼしても、簡単に拭き取ることができます。

ロジクールホームページ(原文のまま)
きつね

制限条件下での性能評価は済んでいるようです。
最大2分以内に湿らせた布で拭き取ることが条件です。

ロジクール デスクマット レビュー
出典;ロジクールホームページ

ノンスリップの快適操作

ソフトな表面ファブリックが快適なマウス操作体験を提供する一方、ラバー製のスリップしにくいベースが表面上でのスリップを防いで、デスク上に常にしかっりと定着します。

ロジクールホームページ(原文のまま)
きつね

デスクマット表面はなめらかな手触りなので、マウスの動きはすこぶる良いです。
デスクマットの裏側がラバー素材なので、ずれる事もなく安定しています。

ロジクール デスクマット レビュー
出典;ロジクールホームページ

長続きする美しさ

マットをしわや縮みから防ぐ、身長に選ばれた素材を利用する一方、フラットステッチデザインがエッジのほつれから保護します。スリップしにくいベースは天然ラバーで作られ、ソフトで快適な表面ファブリックと内層はPETボトルから再生された再生ポリエステルで作られています。

ロジクールホームページ(原文のまま)
きつね

マットのエッジ部のステッチはいいですね。ステッチが手首にあたってもかゆくなりません。
マットの内層が再生ポリエステルでできていて、クッション性の向上とともに、環境への配慮もあるようです。

開封

ロジクール デスクマット レビュー
出典;ロジクールホームページ

外箱

ロジクール デスクマット レビュー 開封

外箱はデスクマットの縦の長さと同じくらい。
箱自体は非常にしっかりしていて好感が持てる。

ロジクール デスクマット レビュー 開封

側面には本製品の特長が記載させている。

ロジクール デスクマット レビュー 開封

設置イメージの写真や、追加で製品特徴が記載。

同梱物

ロジクール デスクマット レビュー 開封

同梱物は、本体、保証書、保証規定の3点。
保証期間は購入日から2年間ある。

きつね

箱から出して感じたのは、ロールして箱に入っていた割にはロールのクセがほとんどない事。
角がほんの少しだけ曲がっていたくらいで、数日で平になりました!

まとめ

ロジクール デスクマット レビュー
きつね

ロジクールのデスクマットを買ってみました。
私のロジクールのデスクマットの総評はこちら!

総評

デザイン
Bad
Good
マウスの操作感
Bad
Good
キーボードの使用感
Bad
Good
機能性
Bad
Good
コスパ
Bad
Good
  • マウス操作の向上!
  • キーボートの打鍵感の向上!
  • デスクの見た目の向上!

やっぱりデスクマットはあるといいね!

ロジクールのデスクマットはとてもコスパもいいデスクマットである。
もしどれが良いかわからず迷っていたら、まずはこのデスクマットを使ってみる事を推奨する。

きつね

ロジクールのマウスとキーボートとセットで使うと、一体感が出てとてもオススメです!!

以上になります。

この記事についてのご質問やご感想は、コメント欄かお問い合わせフォームからよろしくお願いいたします。

関連リンク

ロジクール
デスクマット Studioシリーズ製品情報

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

テクノロジーが大好き!

半導体メーカー勤務の現役エンジニア

技術解説やPC、ガジェット、車などの情報をシェアします。


詳しいプロフィール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次