【MX KEYS MINIのレビュー】高速安定Logi Bolt対応のミニキーボード!

MX Keys Mini レビュー Logi Bolt

注目のNFTアートはこちら!

こんにちは、きつね(@gijutsujin) です。

今回は、ようやく手に入れた Logicool MX KEYS MINIの実機使用レビューです。

MX KEYS MINIは、MX KEYSのテンキーレス版として発売開始前から気になっていた商品です。
もともと、私はテンキーをあまり使わないので、今まではエレコム Bluetooth コンパクト キーボード TK-FBM119KBKを使用していました。

エレコムのキーボードも価格以上の仕事してくれて大変満足していました。
しかし、スリープからの復帰の遅さと、やはりMX KEYS MINIを使ってみたいとの欲求が爆発してしまい、購入に踏み切りました。

今回の記事では、MX KEYS MINIをご購入を検討されている方向けに、実際に使用してみた感想や新しい機能をこの記事にまとめてみました。
Bluetooth接続について復帰からの速さは同なのか?新しい接続方式の「Logi Bolt」の接続は同なのか?

きつね

本当にいいキーボードに会えた気がします!

もし、この製品にご興味があるようでしたら、ご購入の際の検討材料にしていただければ幸いです!

それでは、始めます!

目次

製品仕様

MX Keys Mini 本体
出典:ロジクールホームページ

製品仕様アウトライン

MX Keys Mini ローズ
出典:ロジクールホームページ
きつね

最初はMX KEYS MINIの製品仕様を見ていきましょう!

<製品仕様「MX KEYS MINI」>

MX Keys Mini 製品仕様
引用:Logicoolホームページ

この製品の特長は、本体重量ではないでしょうか?
本体重量は電池を含めて506gと、水の入った500ml ペットボトルと同じくらいの重量です。

きつね

今まで使っていたエレコムのキーボードは約455gです。
50gの差が、質感やタイピングの感覚に大きく影響しています。

出典:ロジクールホームページ

本体上部の黒くなっている所には、バッテリーが入っています。
そして、それが適度な重量を生み、キーボードに傾斜をつけるスタンドにもなっています。
本体の高さが21mmですので、傾斜角度もタイピングをするには丁度良い角度です。

MX Keys Mini USB-C 充電

電池は内蔵タイプで、充電はUSB-Cポートが本体にありまして、ここにケーブルをさして充電します。
隣は、電源スイッチ。

きつね

カラーは3色展開。私はグラファイトを購入しました。

Logi Bolt

MX Keys Mini Logi Bolt ロゴ
出典:ロジクールホームページ

MX KEYS MINIはBluetooth接続のほかに、新しいLogi Boltワイヤレステクノロジーといって、Bluetooth Low Enagyという技術をつかった接続方式です。
メリットとしては、セキュリティの向上安定した接続性との事で、通常のBluetoothでの接続や、Unifyingテクノロジーで使っていた2.4Ghzでの無線通信よりも高性能な接続方式になります。

MX Keys Mini Logi Bolt ドングル
出典:ロジクールホームページ
きつね

ちなみに、Logi Bolt テクノロジーは前述したUnifyingテクノロジーとは互換性がないので、ご注意ください。
また、MX KEYS MINIUnifyingには対応していませんので、こちらもご注意願います。

Logicoolのホームページを見ると、このMX KEYS MINI以外では従来品でも”For Business” という通常品とは違うキーボードやマウスはLogi Bolt に対応しているようです。
すこしややこしいので、詳しくはLogicoolホームページをご確認ください。

きつね

製品一覧にLogi Boltのロゴがついた製品が対応製品の目印になります。

詳しくは、こちらにLogi Boltに関するPDFの技術資料がありますので、ご興味がありましたら読んでみてください。

レビュー

MX Keys Mini カラー ペイルグレー
出典:ロジクールホームページ

開封・同梱物

MX Keys Mini 外箱

外箱はこのような感じ。
私はLogicoolのキーボードを以前から好んで使用しています。
今回初めて、MXシリーズを購入したのですが、箱からすでに安いモデルとは違います!

MX Keys Mini 開封

箱を開けるとこのような感じ。
キーボードがしっかりと包装紙で包装されています。

きつね

1万円以上するキーボードを購入したのが初めてだったので、この時が一番心躍りました!

MX Keys Mini 本体と同梱物

内容物は

  • キーボート本体
  • 充電用ケーブル(Type-A & Type-C)
  • 保証書

本体チェック

MX Keys Mini 本体正面

価格に相応の質感があってGood!
シルバーの本体筐体もベースはプラスチックですが、金属風の塗装も質感がとてもよく所有欲を満たしてくれます。

また、キートップの文字も印刷ではなく、裏からのLEDバックライトが透過するように白く色分けされた形で構成されています。

また、このキーボードはテンキーレスで しかも、Home/End, PageUp/PageDownなどのキーもないキーボードです。
その為、カーソルキーが右下にあったりBackSpaceの上にDelキーがきていたりと、若干変則ぎみですが、ノートパソコンのキーボードと同じような配列と理解していただければよいです。

きつね

私はよく InsertキーをDeleteキーと間違えて押してしまう癖があり、
消したつもりが上書きになっていて”イラッ”とさせられていたので、
これも解消できました!

MX Keys Mini CMDキーアップ

今回のモデルでは、Windows用やMac専用といった分け方はしておらず、Windows用のスタート/ALTキーとMac用のCmd/Optキーがそれぞれ写真のような形で、キーに配置されています。

Bluetooth接続

MX Keys Mini Bluetooth接続方法

PCやタブレットなどとの接続は、Bluetoothです。
接続方法は箱のフタの裏に記載があります。

MX Keys Mini 接続先切り替えキー

MX KEYS MINIは最大3台までのホストデバイス(PCやスマホ、タブレットなど)を登録する事が出来ます。

それぞれの、ホストへの接続の切り替えはこのキーを押すことで瞬時に切り替わります。

きつね

私は仕事用とプライベート用の2台を使用しているので、
1番はプライベート用PC
2番を仕事用PC
に接続できるように設定しています。

また、Bluetoothキーボードはしばらく使っていない場合は、電池の消費を抑える為、スリープモードに入ります。

MX KEYS MINIもスリープにはいりますが復帰が早い

エレコムのキーボードを使っていた時は、スリープからの復帰に時間がかかっていて10数秒程度は待たされていました。

それが、2,3秒でサクッと復帰するので、いままで不満に思っていたことがスッと解消しました。

Logi Bolt接続

MX Keys Mini Logi Bolt Logi Options+ 

MX Keys Miniは、新しいLogi Boltにも対応しています。
Logi Boltで接続する際は、Logi Options+を使用して接続します。
接続する際は、ソフトウェアで表示されているキーを押す事で認証し接続します。

MX Keys Mini Logi Bolt 接続 設定
きつね

Logi Boltで接続すると、Bluetooth 接続をしている時に発生していた、スリープからの復帰によるタイムラグがあったのですが、それを感じません。これはいいですよ!

\ ダウンロードはこちら! /

タイピング

MX Keys Mini キー拡大

タイピングはとても自然な感じでタイピングが出来ます。
もともとノートPCのキーボードが好みだったので、キーストロークが1.8mmというこのキー仕様は
私にはピッタリだったという事になります。

キー構造はパンタグラフ式ですので、メカニカルのようなカチカチする音はしませんし、メンブレンキーのようなブヨブヨした感じもないです。
タイピング音は抑えつつ、しっかりとした打鍵感があって、非常に良いです。

MX Keys Mini バックライト

キーの下にはLEDがあり、バックライトとして下から点灯します。
LEDの光量は7段階で調整可能です。

バックライトの点灯はバッテリーライフにも影響します。

バックライトの状態使用可能期間
バックライト使用時最大 10 日間
バックライト未使用時最大 5 か月間

ファンクションキー

MX Keys Mini ファンクションキー

ファンクションキーはそれぞれ、他の機能と共有して使用します。

  • LEDバックライトコントロール
  • ディクテーション
  • 絵文字メニュー
  • スクリーンショットツール
  • マイクをミュート
  • オーディオコントロール

充電中で使える?

MX Keys Mini USB-C充電 充電中に使用する

MX Keys Miniはバッテリーが減少するとLEDランプが赤く光りユーザーに充電を促してくれます。
また、USB-Cで充電をしている時でも、キーボードの操作は継続して使用する事が出来ます。

きつね

使用中にバッテリー切れを起こしても、充電しながらキー入力が出来るのは助かります。

Logicool Option

MX Keys Mini Logicool Option 設定

Logicool Optionは対応するキーボードやマウスの キーやボタンの操作の設定を変更させるためのツールです。
私は、M590というマウスも持っていて、このマウスもLogicool Option対応機種なので、この様にデバイス選択できるように、キーボードと一緒に出てきます。

MX Keys Mini Logicool Option 設定

Logicool Optionを開き、MX KEYS MINIを選択すると、上図のようなキーボードが現れます。
そのキーボードの白く囲まれたキーに、それぞれ別の機能(ホームボタンやメールソフト起動など)を割り当てる事も出来ます。

きつね

私はとりあえずデフォルトのままで使用します。
オーディオ関連のキーがあるのはうれしくて、何気にミュートボタンが結構ポイント高いです。
また、ボリュームコントロールもキーボードで出来るようになったのはGoodです。

まとめ

今回、念願のMX KEYS MINIを購入しました。

実際に使って見ての感想は、

・Insertキーの誤操作からの解放!
・接続先切り替え時からの接続や、スリープからの復帰が速い!
・ミュートがキーボードで操作できる!

・今のところ、特になし!
(2021年12月初稿時点。後日何か見つけたらアップデートします!)

Logicoolのキーボードは本当によくできていると思います。

製品サポートも私は信頼していて、過去にキーボードを水濡れさせてしまった場合も、保証期間中とはいえ過失での水濡れで修理を依頼したのですが、新品を送付していただきました。

そういった点で行っても、私はLogicoolさんい絶大な信頼を寄せています。

皆さんも、キーボードやマウスえらびに迷ったら、Logicoolさんの製品を試してみるのをオススメします!(ステマじゃないですよ。本心です!)

以上にです。

最後まで読んで頂きましたてありがとうございました!

この記事についてのご意見やご感想は、コメント欄かお問い合わせフォームから宜しくお願い致します。

関連リンク

Logicool
MX KEYS MINI製品情報

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

テクノロジーが大好き!

半導体メーカー勤務の現役エンジニア

技術解説やPC、ガジェット、車などの情報をシェアします。


詳しいプロフィール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次