Windows 11 アップグレード手順とファーストインプレッション

注目のNFTアートはこちら!

いよいよリリースしましたWindows 11。

Windows 10 からのアップグレードは無料との事で、アップグレード条件の整ったPCであれば簡単にアップグレードする事が出来ます。

Windows 11にアップグレードするためのポイント!

  • 事前にドライバ類のアップデートを確認
  • アップグレードはWindows Updateから
  • インストール完了はだいたい1時間
  • Win10と使い勝手はそんなに変わらなそう

今回はアップグレードの手順と、実際にWindows 11を触ったファーストインプレッションをお届けします。

きつね

それでは、始めます!

目次

Windows 11へのアップグレード条件

きつね

Windows 11へアップグレードするための条件は以下の通りです!
マイクロソフトでは、判定ツールを提供しています。
こちらを使って、Windows 11 にアップグレードできるか事前に確認しましょう!

Windows 11 アップグレード要求仕様

プロセッサ
互換性のある 64 ビット プロセッサ またはシステムオンチップ (SoC) 上に 2 つ以上のコアを持ち、1 ギガヘルツ (GHz) 以上の速度のもの。
メモリ4GB RAM
システム 
ファームウェア
UEFI、セキュア ブート対応。お使いの PC がこの要件を満たすようにする方法については、 こちらをご覧ください。
TPM
トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0。お使いの PC がこの要件を満たすようにする方法については、こちらをご覧ください。
グラフィックカードDirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応。
ディスプレイの解像度対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット/カラーチャンネルの高精細 (720p) ディスプレイ。
インターネット接続Windows 11 Home のセットアップには、Microsoft アカウントとインターネット接続が必要です。
引用:マイクロソフトホームページ

アップグレード手順

ここでは、Windows10からのアップグレードを Windows Updateから行う方法について述べます。

きつね

他の方法もあるのですが、アップグレード中に不具合が発生しファイルが破損する可能性がありますので、ここでは紹介を控えます。

アップグレード作業をする前には、必ずバックアップをしましょう!

STEP
Windows Updateを確認する

まずは、ご自身のPCがWindows 11 にアップグレードできるかどうかの確認をします。

アップグレードをするためには、先に記したアップグレード条件を満たす必要があります。

しかし、ご自身のPCのスペックがよくわからない場合は、設定にある「Windows update」でアップグレードできるか、確認する事が出来ます。

もし、Windows updateに以下のようなコメントがあればアップグレードできます!

Windows Update画面 Windows 11へのアップグレードの準備ができました。

もしまだ、Windows Updateの表示がない場合、以下の表示があれば、しばらくするとアップグレード条件は満たしているので、時間が経てばアップグレードの準備が出来たと出てくるはずです。

Windows Update Windows 11を実行できます。

現時点で、この画面すら表示されていない場合は、アップグレード条件を満たしていないので、アップグレード条件を満たすための手段を講じる必要があります。

  • CPUを対応する物に変える
  • UEFI、セキュアブートに対応したマザーボードに変える
  • TPMを有効にする
  • ノートパソコンの場合は、メーカー対応を待つか買い替え
きつね

ノートPCの場合、アップグレードする前にディスプレイドライバなどのアップデートが必要な場合があるそうなので、アップグレード作業をする前は、各PCメーカーが提供しているユーティリティツールやHPからドライバ情報を確認してくださいね。
場合によっては、ディスプレイが表示されないなどのトラブルもあるそうですので、お気を付けください!

STEP
アップグレード

準備が整ったら、赤枠で記したボタンを押すだけです。

Windows 11 インストール

Windows 11 のダウンロードからインストール完了まで、私の環境では約1時間くらいでした。
特に操作は必要なく、リブートもインストール完了後の1回だけでした。

きつね

以上で、アップグレード作業は終了です。

ファーストインプレッション

タスクバーの位置

Windows 11 のタスクバーは初期設定では中央に並んでいます。

また、Windows 11 では初期設定で

  • ウィジェット
  • タスクビュー(仮想デスクトップ切り替え)
  • Teamsのチャット

が追加されています。

それぞれ、追加されたアイコン及びタスクバーの位置は、タスクバー設定から切り替えが出来ます。

タスクバーを右クリック
きつね

タスクバーは普段よく使う所なので、Win10の時と同じように配置が左に寄せられるの良かったです。
ただ、タスクバーの位置自体は画面下に固定なので、動かすことはできません。

ウィンドウ分割

Windows 11になってから最大化のアイコンにカーソルを持ってくると、ウィンドウ分割の設定画面が表示されるようになりました。

元々は、ショートカットキーのWindows+矢印で画面のいずれかの場所に配置する事は出来たのですが、これがマウス操作で簡単にウィンドウを配置できるようになりました。

きつね

最近のDellLGなどのディスプレイではアプリを使って画面分割を設定する事が出来ます。
しかし、そのようなアプリが無いディスプレイを使用している方には、便利な機能ですね!

見た目の変化

見た目も少し変化がありました。

上のウィンドウのキャプチャー画像を見ていただくと、各コーナーが丸く処理されていて、最近のディスプレイの角と同じようなラウンドタイプになっていました。

あとは、アイコンの配色がWin10に比べると濃くなった印象です。

エクスプローラーの表示については変化がないので、特に違和感は感じませんでした。

きつね

まだ、アップグレードして数時間しか触っていないので、また何かありましたらこちらのページでご紹介します!

まとめ

きつねの自作PC(AMD Ryzen5 3600)をWindows 11にアップグレードしてみました。

まとめ
  • 事前にドライバ類のアップデートを確認
  • アップグレードはWindows Updateから
  • インストール完了はだいたい1時間
  • Win10と使い勝手はそんなに変わらなそう

以上になります。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

こちらの記事についてのご感想やご質問は、コメント欄かお問い合わせフォームからお願い致します!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

テクノロジーが大好き!

半導体メーカー勤務の現役エンジニア

技術解説やPC、ガジェット、車などの情報をシェアします。


詳しいプロフィール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次