【今度はカメラレンズ周りもフルガード!】Simplism iPhone 15[GRAV SOLID] 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース レビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、きつね(@gijutsujin)です。

今回はトリニティさんのiPhone 15用のケース GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース をレビューします。

本記事は、トリニティ株式会社様より、本商品をご提供していただいたき記事を執筆しております。
トリニティ株式会社様、いつもありがとうございます!

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 2023年12月にようやく手に入れた iPhone 15。トリニティ様より保護ガラスやカメラ用の保護ガラス、ケースのサンプルをご提供していただいた中で、今回はケースのレビューをします。
 ケースについては写真にもあるように、3種類のケースをご提供していただいた。

 この中から今回は耐衝撃ケースとしてラインナップされているGRAVの新しい商品 [GRAV Solid] 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケースをご紹介します。
 このケースはトリニティさんのケースでは耐衝撃ケースの分類に入る。そのケースに今回はカメラユニットまで保護できるようなデザインになった。
 実は筆者はGRAV自体はiPhone 14でも使用している現役ユーザーだ。しかも、レビュー記事も上げていてデザインが非常に気に入っているケースである。
 新しくなったGRAV SOLIDを細かいところまで見ていくので、是非最後まで読んでいただきたいと思います。

それでは、始めます!

あらかじめ申し上げると、このケースは背面に透明なアクリルを使用している為、アクリル部に指紋が目立つ事は承知していただきたい。これは「透明なアクリル」という性質上という事で仕方のない事である。
指紋については拭くことで解消する事が出来る為、今回のレビューではこの点についてはデメリットとしての指摘はしない。この点についてはどうかご理解いただきたい。

Simplism iPhone 15[GRAV SOLID] 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース
メリット
  • カメラレンズ周りもガード出来る!
  • サウンドホーンでサラウンド感が増す!
  • 落下耐性も3.5mまで対応!
  • デザインがシンプルでいい!
デメリット
  • カラーがブラックのみ
目次

製品特長

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン
きつね

GRAV SOLIDの特徴はこちら

  • しなやかな素材で衝撃を吸収
  • 表面硬度5H ウルトラファインアクリル
  • 落下衝撃を分散吸収する ハニカムコア構造
  • カメラレンズ周りもフルガード
  • ストラップホール付き
  • 米軍規格 MIL-STD-810 の落下試験に準拠
  • ケースに入れたままカメラ撮影が可能
  • ボタン周りの凹凸もしっかり保護
  • 音が前に飛んでくるサンドホーン *実用新案登録済

カメラレンズ周りもフルガード

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

iPhoneの背面・側面・カメラユニットをこのケース1つで守れる。カメラレンズ周りギリギリまで保護する精密設計で、埃の混入だけでなく年々大きくなるカメラも衝撃から守ります。

https://trinity.jp/product/tr-ip23m2-grsl-clbk/

割れない、柔軟TPU素材を採用

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

薄くてしなやかなTPU素材を採用することで、薄さを保ちつつ高い衝撃吸収能力を発揮し、クッション性で大切な端末を守ります。また、柔軟性が高いため、着脱がしやすくなっています。

https://trinity.jp/product/tr-ip23m2-grsl-clbk/

落下衝撃を分散吸収する、ハニカムコア構造

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

やわらかいTPU素材のケース側面に、建築などに用いられる「強度が高く軽量化できる」ハニカムコア構造を取り入れた耐衝撃設計です。

https://trinity.jp/product/tr-ip23m2-grsl-clbk/

米国軍事規格の落下試験に準拠

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

この製品はアメリカ国防総省軍事規格であるMIL-STD-810の耐落下試験(合板に高さ1.2mから26方向の落下)に準拠しています

https://trinity.jp/product/tr-ip23m2-grsl-clbk/

音が前に飛んでくるサンドホーン

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

ゲームや動画視聴時、横向きに端末を持つとスピーカー部分を塞いでしまい、音がこもって聴き取りにくい。そんな不満を解消する新構造「サウンドホーン」を搭載。
一般的なケースと違い、スピーカーホールの出口を端末の画面側にくるよう設計しているので、音が耳へ向かってクリアに飛びこんできます。
※実用新案登録済

https://trinity.jp/product/tr-ip23m2-grsl-clbk/

仕様

きつね

GRAV SOLIDの仕様はこちら

カラー/タイプブラック
製品サイズ78.7 × 154.7 × 11.5mm(W × H × D)
製品重量36g
パッケージサイズ97 × 200 × 20mm(W × H × D)
パッケージ重量86g
対応機種iPhone 15
SKU/JANTR-IP23M2-GRSL-CLBK / 4582269551142
価格\2,280

パッケージ

パッケージ表側

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 パッケージはいつもながらのシンプルなパッケージに落下耐性とアクリル板の硬度が書かれている。筆者として注目して欲しいのが、トリニティさんの実用新案となっているサンドホーンのところ。これ本当に音が前に飛んで切るようで特に横持ちにした時にサウンドのステレオ効果をさらに強化してくれるのだ。この部分は他のケースには無いオリジナルな機能なのでもっとアピールしてもいいと思う。

パッケージ裏側

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 裏面にも表面と同様な特長が書かれている。
 今回からGRAVの”G”のロゴマークも新たにデザインさている。
 また、GRAV SOLIDの特長でもある落下耐性の高さが3.5mあるのも地味に注目して欲しい。MIL-STD-810では落下高さの規定は諸条件はあるがこのケースの場合、122cmからの落下耐性があればPass出来る。その点、GRAV SOLIDはそれを大きく超える3.5mまで耐えられるのだから、十分すぎる対落下耐性はあるのだ。

試験対象及びケースの重量(kg)最大寸法(cm)落下高さ(cm)落下回数
45.4 以下 収納または可搬可能91以下122各面、縁、角、合計26回落下
91以上76
45.5 ~ 90.891以下76各角、合計8回落下
91以上61
90.8 ~ 45491以下61
91以上61
152以上61
454以上制限なし46各下側縁
底側落下または滑り落とし 合計5回
落下試験
引用:http://www.mil-std-1553.jp/MIL-STD-810_p02.html

外観

背面

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 GRAV SOLIDの大きな特長のカメラレンズ周辺にも保護パネルが付いたところ。
 これによってレンズの角に対して直接の衝撃が加わるリスクが減る。レンズ部については特にカバーはされていないので、レンズに衝撃が加わる場合は破損する恐れがある。

カメラユニットの保護

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 ここがカメラレンズ周辺の保護部分の拡大したところ。
 レンズの穴以外にフラッシュライトとマイクのところにも穴が空いている。
 カメラレンズ周辺もこれでしっかりとガードする事が出来る。

本体詳細

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 本体周辺はTPU素材を使用し、内側は衝撃吸収のためにハニカムコア構造になっている。
 また、ボタンのところはプラスチック素材になっている。そのおかげでボタン操作がスムーズに聞くので操作感は非常によい。

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 トリニティさんのスマホケースの特長のサウンドホーン。これは実用新案として登録していて、トリニティさんの一部のスマホケースに採用されている。このサウンドホーンは底面のスピーカーの音を前に飛ばす作用がある。その為、iPhoneを横に持つと、サラウンド感が増して動画視聴がとても楽しくなる。

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 底面にあるUSB-Cポートの切り抜きは比較的大きめに開いており、多少コネクタの太さが太くても大丈夫だろう。
 穴のサイズは筆者実測で横が15mm、縦が8mmだった。
 USB-Cの穴の脇にはマイク用の穴も開いている。

<!– wp:rinkerg/gutenberg-rinker {“content_text”:””,”post_id”:”10146″} –> <p> </p> <!– /wp:rinkerg/gutenberg-rinker –>

装着例

 今回は筆者のiPhone 15 のブラックを使って実際の装着例を見てもらいたい。

背面

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 GRAV SOLIDを装着した背面の状態はこのような感じになる。
 iPhone 15 の背面処理が今回はマット調になっているのでiPhone本体からの反射もないので、ブラックの色が本当にカッコよく見る事が出来る。
 背面はガラスではなく5Hの表面硬度を誇るアクリルになる。1か月くらい使用していたが大きな傷はないが多少細かい傷がある程度。正直あまり気にならない程度なので全く問題ない。

正面

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 正面から見るとこの様な感じ。リング部のTPU素材の厚みもさほど厚さは無く見た目にもスッキリしている。しかしこれでも3.5mからの落下に耐える事ができるので、すごく優秀だ。

カメラレンズ周り

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 GRAV SOLIDの特長でもあるカメラレンズ周辺のカバーだが実際にはめてみると、レンズと穴の引っかかりは全くなく、普段通りに装着する事ができ、装着後にはしっかりとレンズやLEDライトがなどが穴に収まっている。この部分はとても精度よく作られているのがよくわかるところだ。

エッジの高さ

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 ケースの外周部の高さだが、おおよそ1mm程度ディスプレイよりも高くなっている。その結果、画面を下向きにしてもディスプレイがテーブルなどにあたる事が無い。ちなみに、画面を下向きにしておくと消費電力を抑える事ができるので、このケースをつけて入れば画面を下向きにする事が出来るので、消費電力も抑える事が出来るともいえるのだ。

カメラレンズ部のガード

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 カメラレンズの周囲のプラスチックはレンズより若干高さがあるようだ。また、その外周にあるTPU素材のガードはさらにそれよりも高くなっているので、平らな地面などに落下してもレンズが直接地面にあたる事は無さそうだ。

側面

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 側面はグリップしやすい様に面取りがされている。また、表面には細かい凹凸があるので滑りにくくなてっている。
 この様なデザインだと、三脚などにあるスマホクリップにもしっかりと食いついてくれえるので、クリップから外れる心配が無い。

使用感

安定の使用感とサウンドホーンは素晴らしい

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 GRAV自体は、iPhone14の時から使っていたという事もあり、使用感もiPhone14の時と全く変わらない。
 使用感はとても握りやすく安心して持つ事が出来るケースで、今回はカメラレンズも保護されるので安心感は増している。
 また、サウンドホーンも素晴らしく特に動画視聴時にiPhoneを横にした時、独特のサラウンド感があるので筆者はこの機能が欲しい為にiPhone14を購入した際は真っ先にGRAVを購入したほどだ。これはホントにオススメしたい機能のであることに間違いない。

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 筆者はストラップは使わないのだが、4隅には衝撃クッション用の穴がありそこをストラップホールとして使う事も出来る。トリニティさんではスマホショルダー&ネック2Wayストラップを販売していてそのストラップとも相性がバッチリなのだ。詳しくはこちらを参照していただきたい。

MagSafeケースではないがMagSafe充電も一応出来る

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 このケースは背面にMagSafe用のマグネットや金属のリングはついていない。とはいえ、MagSafe充電は一応は行うことが出来た。ただ、充電器に対してiPhoneがガッチリとくっつくわけではないので、MagSafe充電スタンドの様なものはNG。ずり落ちてしまい、しっかりと充電できない。筆者の場合は、MagSafe充電パッドの様なテーブルに置くタイプの充電器を使用してるので、ずり落ちてしまう事もなく少し弱いが磁力で充電器がiPhoneに吸い寄せられるので、充電器の位置がずれる事は無く充電する事が出来る。

まとめ

Simplism iPhone 15 GRAV SOLID 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース サウンドホーン

 トリニティさんからSimplism GRAV SOLIDをご提供していただきレビューをしてみました。
 まとめるとこんな感じ、

  • カメラレンズ周りもフルガード出来る!
  • サウンドホーンでサラウンド感が増す!
  • 落下耐性も3.5mまで対応!
  • デザインがシンプルでいい!
  • カラーがブラックのみ。

総評

デザイン
Bad
1
2
3
4
5
Good
衝撃耐性能
Bad
1
2
3
4
5
Good
機能
Bad
1
2
3
4
5
Good
コスパ
Bad
1
2
3
4
5
Good

総評コメント

 デザインについては、iPhone14用のGRAVでの記事でもコメントをしたが耐衝撃ケースの割に周囲のTPU素材の厚みが厚すぎないのがイイ。また、今回のGRAV SOLIDはカメラレンズも覆ってしまうデザインだが、カメラレンズへの干渉もなく装着でき、違和感のないデザインがとても良かった。しかし、カラーバリエーションがブラックのみと少々残念。

 耐衝撃性能については、文句なしの満点。3.5mまで対応できる性能は他を圧倒する。カメラレンズやディスプレイ周辺のエッジ処理もしっかりと確保されていることから、平らな面への落下に対する対応も十分確保されている。

 機能については、十分な耐衝撃性能とトリニティさんの実用新案でもあるサウンドホーンがとても優秀な所が評価できる。iPhone14用のGRAVをレビューした際に、背面がプラスチック素材ではなくガラス素材であれば満点とコメントしたが、よく考えるとガラスは傷には強いが衝撃耐性を考えるとアクリルの方が有利と考える方が正しいだろう。そうすると、機能面での評価としては筆者個人としてGRAV SOLIDに対して求める耐衝撃性については実は隙が無かったともいえる。この事から、機能面での評価は満点の評価をする事が出来る。欲を言えばここにMagSafe機能が追加されるとイイかなとも思うが、これは別売りのリングを装着する事で対応できるので、欲しい人はそのようにして対応しよう。

 コスパについては、これだけの機能がついて税込¥2,280なのだ。最近は円安の影響で色々な物の値段が高騰しているにも拘わらず、この価格で抑えられている点はとても嬉しい。この価格であれば、背面が傷だらけになったり、仮に割れてしまっても、買い替えには特に抵抗無く買う事も出来る。また、耐衝撃ケースで悩むのであれば、まずはこのケースを購入してから他を選ぶのも良いと思う。

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事に関するご質問やご感想は下のコメント欄かお問い合わせフォームよりお願いいたします。

関連リンク

トリニティ
iPhone 15 [GRAB Solid] 超精密設計 衝撃吸収 ハイブリッドケース製品詳細ページ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次