【新時代コーデック!】Bluetooth LE オーディオは凄い!

Bluetooth LEオーディオ LC3コーデック

注目のNFTアートはこちら!

こんにちは、きつね(@gijutsujin) です。

今回は、Bluetoothの新しいオーディオテクノロジーのLEオーディオについて解説します。
この解説記事については、技術に詳しくない方向けに、LEオーディオの概要を紹介したいと思います。
技術に詳しく詳細を知りたい方は、Bluetooth SIG に仕様書がありますので、そちらをご覧ください。

先日、JBLのLIVE FREE 2を購入しました。
このTWSヘッドホンはBluetooth 5.2をサポートしていて、LEオーディオにも対応という機種です。

投稿時では、LEオーディオ(LC3コーデック)に対応している、ホスト機が無いので試す事はできないですが、この先20年間を支えるテクノロジーという触れ込みの、新しいコーデック規格です。

アップデート情報!
2022年6月6日のImpress AV Watchにてソニーの方にLEオーディオについてのインタビュー記事があります。

その中で、今後のLEオーディオ対応予定の製品として、「LinkBuds S」と「Xperia 1 Ⅳ」がファームウェアアップデートでLEオーディオ対応との事です!

LEオーディオの凄い所はこちら!

  • 低ビットレートなのに高音質のLC3コーデック
  • より低消費電力になり、バッテリーが長持ちになる
  • マルチストリームによる新しい音楽、音声の聞き方が出来る
きつね

調べてみると、とても魅力的な規格でした。
出来るだけ分かりやすく解説しますので、是非最後まで読んで下さい!
それでは、始めます!!

目次

LEオーディオ

Bluetooth 5.2から対応するLEオーディオ

このLEオーディオのポイントは3つ

  1. LC3コーデック
  2. マルチストリーム
  3. ブロードキャストオーディオ

概略説明動画はこちら!

出典:Bluetooth SIGホームページ

Bluetoothはご存知の通り、オーディオ、データ通信、ロケーション、ネットワークのインフラとして使われています。

そして、オーディオとしての使われ方としては、近年凄まじい発展を遂げていて、Bluetoothヘッドホンやイヤホンなどオーディオ機器として使われているデバイスの出荷量が、2019年には10億台にまで広がりました。

そして、Bluetoothの新しいバージョン5.2から、画期的なオーディオ規格 LEオーディオが策定されました。
LEオーディオは、Bluetooth 5.2 で新しく実装された機能を使って動作します。
その為、Bluetooth 5.2以前のバージョンをサポートしているスマホやイヤホンなどはLEオーディオが対応できません。

Bluetooth オーディオ クラシックオーディオ LEオーディオ
出典:Bluetooth SIGホームページ
きつね

BluetoothオーディオはLEオーディオの登場によって、
Classic Audio(今までのオーディオコーデック)LEオーディオ(LC3コーデック)の2つに分かれます。

それぞれの特長はこちら

Clasic Audio
LE Audio
  • Bluetooth 5.2対応は必須ではない
  • コーデックが複数ある(SBC、ACC, apt-Xなど)
  • 通信は、1つの送信器と1つの受信機で通信する
  • Bluetooth 5.2 対応が必須
  • コーデックは1種類(LC3コーデック)
  • 通信は、1つの送信機から複数の受信機に一斉送信可能

LC3コーデック

LC3と既存のコーデックの違い

LC3とは、Low Complexity Communcation Codecの略で、物凄く簡単に言うと低ビットレートでも高音質で通信するコーデックです。

きつね

低複雑性コミュニケーションとは難しいですね。

LC3コーデックの特長
  • 高音質
  • バッテリーの消費の低減
  • 伝送遅延の低減


今までは、高音質で聞く場合は、ビットレートを上げて大量のデータを通信する必要がありました。
しかし、LC3コーデックでは、低いビットレートでありながら高音質をキープする事ができる仕組みがあります。

このメリットとしては、高音質はキープしつつ、通信データ量が少なくなり、複雑な圧縮・解凍作業も必要なくなるのでプロセッサの消費電力が低くすることができ、バッテリーの消費量も抑える事ができるようになり、より長時間使用する事が可能になるわけです。

下の表はSBCとLC3で音楽を聴いた時の音質の評価においても、LC3の160kbpsでの音質がSBCの345kbpsの音質よりも良かったという結果に。
これが、本当かどうかは実際に製品になってみてからのお楽しみです。

グラフの見方

  • 横軸はビットレート
  • 青のバーはLC3コーデックの音質
  • 黒のバーはSBCコーデックの音質
  • 縦軸は音質の採点(参照:ITU-R BS.1116-3 (PDF))
音質の劣化具合グレード
わからない5.0
分かるが、うっとうしくない4.0
すこし、うっとうしい3.0
うっとうしい2.0
とてもうっとうしい1.0
引用:Bluetooth SIG ホームページ
LEオーディオ SBC リスニングテスト
出典:Bluetooth SIGホームページ
きつね

ずれにしても、音信がそのままでバッテリーライフが向上してくれるLC3コーデックには期待せざるを得ません!

LC3は、低消費電力と低遅延をもたらす新技術という事で、今後20年間のスタンダードになるだろうと予測されています。

また、LC3はワイヤレスオーディオのすべてのニーズに対して満たすことが出来るであろうという見解もあるようなので、各ヘッドホン・イヤホンメーカーから発売される製品に期待しましょう!

使用想定

Bluetooth SIGが想定している、LEオーディオの使われ方をご紹介します。

マルチストリーム

LEオーディオ マルチストリーム
出典:Bluetooth SIGホームページ

マルチストリームとは、1つのスマホやオーディオ機器などが、複数のイヤホンなどに一斉に同期したデータを送信します。

きつね

完全ワイヤレスイヤホンに、この機能がつくと左右それぞれに信号を飛ばすので、片方だけバッテリーが減っちゃうという事は無くなりますね。

ブロードキャストオーディオ

Bluetooth  オーディオシェアリング
出典:Bluetooth SIGホームページ
パーソナルオーディオシェアリング
出典:Bluetooth SIGホームページ
ロケーションオーディオシェアリング
出典:Bluetooth SIGホームページ

パーソナルオーディオシェアリング

音声体験を共有する機能

パーソナルシェアリングの使い方は、動画の音声や音楽を特定の人だけに向けてシェアをして楽しむ使い方になります。
この場合、パスコードなどを使う事で部外者への音声シェアリングを防ぐ事が出来ます。

ロケーションオーディオシェアリング

特定の場所で音声をシェアする機能

空港やジム、映画館や会議場などの公共施設で来場者にたいして、テレビなどの画像の音声や、自動翻訳音声などをこの機能を使ってシェアする。

きつね

この様な使い方が出来る様になると、自分のヘッドホンやイヤホンで、様々な場所で利用することが出来る様になるので、とても便利になりますね。

補聴器

LEオーディオ 補聴器
出典:Bluetooth SIGホームページ

LEオーディオがターゲットとしている機器というのは、実は補聴器かもしれません。
いままでの補聴器は、難聴の方など音が聞きづらい方に周囲の音を大きくして聞くことを補助する役割を担っていました。

それが、LEオーディオになる事で、マルチストリーム機能やブロードキャストオーディオ機能を使う事で、従来の補聴器のサイズのまま、電話、音楽、動画、音声アシストを使ったり、建物内で管内放送を聞いたりする事が出来る様になります。

Auracast™

出典:Bluetooth SIGホームページ

Bluetooth SIGは米国時間6月8日にブロードキャストオーディオの新ブランド「Auracast」を発表。
これは、LEオーディオ発表時にあった、マルチストリームやAudio Shearing としてきていしていた機能に対して「Auracast」とブランドを付けたのである。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

テクノロジーが大好き!

半導体メーカー勤務の現役エンジニア

技術解説やPC、ガジェット、車などの情報をシェアします。


詳しいプロフィール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次